リチウムイオン二次電池用バインダー

「耐熱性が高いバインダーが欲しい」
「金属に対する接着性が高いバインダーが欲しい」

といった課題はないでしょうか?

そんな課題を解決し得るリチウムイオン二次電池用バインダーをご紹介します。

リチウムイオン二次電池

リチウムイオン二次電池(LIB)は
1991年にソニーが世界で初めて量産化して以降急速に市場が拡大。

現在、携帯電話やモバイル機器の普及や高機能化を支えてきました。

最近では電気自動車(EV)の注目や政策の後押しもあり、
車載用途での期待も高まっていますが、

安全性や容量のさらなる向上が必要となっています。

LIBバインダーの役割

LIBの構成部材は大きく「正極材」「負極材」「セパレータ」「電解液」の4つ。

「正極材」「負極材」はさらに細かくみると
活物質、導電助剤、バインダーからなります。

この中の「バインダー」は活物質同士を結着させ、
電池の構造を維持する役目や
電極作製時の分散安定性を向上させる役目など

素材と素材を「つなぐ」役割をしているものです。

荒川化学工業のリチウムイオン電池用バインダー

当社は長年培ってきたポリマー技術等を用いてバインダーを開発しました。
当社が開発したリチウムイオン二次電池用バインダーは
高い耐熱性、金属やセラミックに対する高い接着性、化学的な安定性等の特徴があります。

さらにセパレータへのセラミックコーティング用バインダーにも使用できます。
これまで評価・検討いただいたお客様の声は以下の通りです。

「電解液耐性を備え、電極に使用できるバインダーに魅力を感じる」

「1液型の水溶性バインダーでスラリー作製工程の簡略化も期待できる」

「高温耐熱性のあるポリマーは魅力的」

リチウムイオン二次電池 バインダー
詳しい技術や製品についてはこちらから
CONTACT
装飾画像

新たな素材の開発でお悩みの方は
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~17:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
貴社のニーズに合った素材開発が実現する
お役立ち資料はこちら