荒川化学工業が培ってきた技術

植物由来の素材 ロジン

荒川化学工業は松から得られるロジンの化学が原点です。

ロジンは松の樹皮に傷をつけると流れ出る松やにから得られます。

ロジンの特徴はバルキーな構造と多彩な反応性であり、
荒川化学工業はロジンを用途に合わせた変性を行い
様々な分野に展開してきました。

 

つなぐを化学する

ロジンケミカルを原点に様々な技術、素材を開発してきた荒川化学工業。

その技術の特長を一言で表すと
「つなぐを化学する」
素材と素材をつなぎ、新たな機能を付与するというところにあります。

分野や素材が増えれば
それだけ新しい技術と応用が必要になります。

私たちの強みである
技術の引き出しの豊富さと、応用力で
持続可能な社会の実現に貢献していきます。

事業領域

現在の荒川化学工業の技術領域は
「機能性コーティング」「製紙・環境」
「粘接着・バイオマス」「ファイン・エレクトロニクス」

日々の暮らしに欠かすことのできない
日用品から、先端技術を支える高付加価値なものまで
幅広く展開しています。

これらの事業でこれからも豊かな社会の実現に貢献するとともに
技術の引き出しの豊富さで
「ライフサイエンス」など新たな領域にも貢献していきます。

 

過去にはテレビCMでも当社を紹介していました。



事業の詳細、取り組みはこちらから↓
CONTACT
装飾画像

新たな素材の開発でお悩みの方は
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~17:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
貴社のニーズに合った素材開発が実現する
お役立ち資料はこちら